×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

【2008富士 F1 日本GP観戦記 その5

1.土曜日の富士入り

空いている金曜日に展示を軒並み見てしまったこともあり、この日はやや遅めに金曜日より1時間程度後ろ倒しして自宅を出発しました。実は土曜日は天気予報でも3日間のうち一番悪いような感じになっていて、一応曇り一時雨くらいの感じだったんですが、富士スピードウェイは完全に山の天気なので、そこそこの雨を想定していないと危ないんですよね(^_^;)

ってことで、この日は7:30過ぎに新松田のバス乗り場に到着。流石に金曜日よりは混雑しているだろうと思いきや・・・ またもや列もなくバスに乗車。更に、タイミングも良かったのか30分に1本ではなく、若干空席がある状態で8:00前に出発してくれました。ちなみにこの時点では小雨。傘なしで十分歩けるレベルでしたが・・・

金曜日は国道246号を通ったんですが、土曜日はやはり去年同様東名高速を利用し、御殿場SAをショートカットして一般道へ降り、そこから富士スピードウェイへ向かうルートで、あっさりと8:40頃にはサーキットに到着しました。金曜日のサーキットの設備やスタッフの様子を見る限りでは、去年よりはカイゼンされているのは想定していましたが、ここまでスムーズだとは思いませんでしたね。良い意味で期待を裏切ってくれたかと。

到着直後のP1の様子。

ウェットコンディションですが、舗装されているのでまだマシです(^_^;)

この日はちょうど富士に到着する直前から雨脚が強くなり始め、スピードウェイプラザに到着した頃には傘なしでは歩きたくないほどの雨になってたんですよね・・・ 去年雨宿りをしていたショートサーキットの上辺りにある建物の軒下には今年は入れなくなっていましたが、流石にカイゼンの効果で用意された雨宿りスペースが有効に機能し、皆ここで雨具を装備したりしていました。‘み’もここで100円ショップで購入した合羽と、40D用のレインジャケットを装備し、若干時間調整をしてMスタンドに向かいました。


2.フリー走行3回目


あ、ちなみにその頃にはスピードウェイプラザのステージでクレインズ(富士のマスコットガール、富士のサーキットのグランドスタンドが鶴の羽を広げた様子をイメージして作られていることからのネーミングだとか)が何やらイベントをやっていたので、ちょっとだけ冷やかし(^_^;)

クレインズの3人。

トークショーだったかビンゴ大会だったか・・・?

この頃は本当にしっかり雨が降っていて、‘み’は靴下も濡れるような状態でしたから、正直去年の惨状を思い起こしていたんですよね。実際に雨宿りのスペースもありますし、バス乗り場も舗装を含めてカイゼンされてはいるので、再現ってことはあり得ないと思いつつも、去年は土曜日の午後から全てが狂い始めましたからね・・・

が、幸いなことにMスタンドに到着した10:00頃には、雨もそこそこ小降りなり、場内放送でも回復傾向のようなことがコメントされていたので、ちょっと安心しました。ただ、流石にスタンドの床にはしっかり水がたまっているので、装備しているデイバッグを大きなゴミ袋(かっこ悪いですがこれは必需品ですね〜)に入れ、これをスタンドに置き、シートは軽く水を払って(払いきれなくてちょっと冷たかったですが・・・)そのまま着席(^_^;)

11:00〜のF1フリー走行開始の頃には、もう40Dのレインジャケットも不要になり、合羽もいらなくなっていたんですが、どちらも外したり脱いだりするタイミングを逃してしまったため、フリー走行中はともに装備したままで観戦&撮影に望みました。コースコンディションは完全にウェットだったんですが、天候の状況から午後の予選は多分ドライになりそうとの条件だったので、ちゃんと走らないチームが多いかも知れないなんていう場内放送があったものの、結局は普段と変わらない走行を楽しめたように思います。

では、その時のショットを。あ、レンズは「EF300mm F4L IS USM」&「EXTENDER EF1.4×II」です。

フリー走行3回目のセッションは11:00〜12:00の1時間設定なので、あっという間に終了。まあ、去年中止になったことを思えばちゃんと走ってくれて御の字でしょうかね。皆同じようなアングルのものを並べたので、この下でちょっとアングルの違うものやバックショットっぽいものを。

ちなみにここでも好調一貴は5番手タイムを叩き出し、午後の予選にも期待させてくれました。同じく好調のグロックもトップに立ったクビサから0.084秒遅れの2番手。マッチがTVでコメントしていましたが、グロックは最終セクションの近道でも見つけたんじゃないかとのことで、そうだとすると決勝までかなりの好成績が期待できます。TOYOYAの地元での好結果なんて期待しすぎのような気もしますが・・・

今思えばこのGP最初で最後のウェット走行でしたから、良いものを見せてもらったって事なのかも知れませんけどね。欲を言えばもう少し早く雨が上がるか、‘み’がもう少し思い切って遅れて富士入りしていれば濡れる事すらなかったわけですが(^_^;)   (2008.11.29記載)

その6につづく