×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

【2012鈴鹿 F1 日本GP観戦記 その9

8.FCJ観戦〜腹ごしらえ

FP2観戦後、15:55からFCJの予選があったのでそのままEスタンドに残って少しだけ観戦。 確か去年も「F1のラバーが乗った状態で走るのは初めて」と場内放送で解説されていましたが、今年も「ピレリのラバーが乗った状態で走るの初めて」行っていたような(^_^;)

この位の車速だと流し撮りもし易いんですけどね〜

この日は日帰りなので、帰路の時間を意識しながらも・・・ 金曜日とは言えFP2終了に合わせて動くとどこも当然のように混雑しているので、FCJを途中まで見た後、オアシスに移動して腹ごしらえをすることにしました。
良く考えたら朝家を出る前にご飯を食べてから何も食べていなかったなと(^_^;)

この頃のスタンドの様子。まあ金曜日なので混雑といってもかわいい物です。
オアシスにはこんな感じで世界のグルメを集めたような屋台が並んでいたんですが、

この時選んだのはこの焼きそば屋さん。

頂いたのは一番定番的なお値段だった富士宮焼きそばで、500円也。
これがその富士宮焼きそば。

お味の方は・・・

う〜ん・・・ 冷めていて富士宮焼きそばらしさも余り感じられず・・・ 量も少なめでちょっと褒められたものではなかったですね・・・

焼きそばを頂いた後は、もうすこしサーキットに残ろうか迷った挙句、取り合えず帰路方向に足を向けてみることにしました。




9.金曜日の帰路

メインストレートの下を潜るトンネルを抜け、GPスクウェアに戻ったのは16:30頃。

その頃のトンネルの様子。

流石に混雑はしていませんね。
GPスクウェアはこんな感じ。

人が多いような気がするんですけどね・・・

実はこの時点で帰路のルートを決めていませんでした。例年なら金曜日は名古屋とは逆方向の津や松阪に宿を取ることが多いので、余り考えずに鈴鹿サーキット稲生駅から津へ向かうんですが・・・ 金曜日は流石に電車もそれ程多くなく、名古屋方面の上りも時間帯によっては1時間程度間隔が空く事もあったりするのでちょっと嫌だなと。17:01の四日市行きや17:10の快速みえには乗れそうなタイミングではあったんですけどね。
ということで、まずはサーキットのメインエントランスから駐車場方面に向かい、白子行きのバスの様子を見ることにしました。

遊園地の様子。

昔はこの辺もF1マシンが展示されたりしていたんですけどね・・・
メインエントランスの外の様子。

そこそこ人がいますねぇ・・・
ちょうど夕焼け時で良い雰囲気でした。

すっかり秋っぽい空ですね〜

と、ここで近鉄平田町駅近くまで行く無料のコミュニティバスのようなものがあるのに気が付きましたが、どうも1時間くらいは掛かるとのことだったので断念。
白子行きのバス乗り場に向かっていると・・・ 毎年のように‘み’が有効に活用している三重交通のF1 EXPRESS が案内されているのを発見。金曜日は余りメリットがないので考えたこともなかったんですが、思わずこれに飛び乗ってしまいました。
2,500円は毎年ちょっと高いなとは思うものの、確実に座れて2時間前後で名古屋まで直行してくれることを考えるとまあ悪くない選択肢なのかなと。

今回乗ったバス。

予約も何もしていませんでしたが、現地で現金を払って直ぐ乗ることが出来ました。

乗ったバスは5号車。席も満席にはなっていない状態で17:00頃に出発。日曜日でも2時間半程度なので1時間半位あれば着くだろうとタカを括っていたら・・・

これが大誤算。

平日はいつもこうなのか、今期から変わったのかは分かりませんが、渋滞を避けて亀山方面へ大回りして鈴鹿インターへ向かうルート(去年の決勝日の経路はここに紹介してあります)ではなく、普通に本田技研の工場の近くを北に抜けるルートを取っていたんですが・・・ これが大渋滞に巻き込まれてしまい、1時間経っても鈴鹿川を渡れない状況に・・・(T_T)

その後は流石に多少流れましたが、大山田PAでの休憩(これはバスの出発時に案内されていたので、臨時ではないようです)も挟んで名古屋到着が20:00ちょっと前。ほぼ3時間掛かってしまいました・・・ 今思えば時間的に帰宅の通勤ラッシュ時間帯とぶつかったのかも知れませんが、平日だと思ってちょっと舐めていましたね・・・
更に、この日は金曜日ということもあり、のぼりののぞみも直近は全て指定が埋っていて直ぐには乗れず、結局20:40ののぞみ指定席を確保するのがやっと。金曜日の帰路がこれだけ嵌るとは思っていませんでしたねぇ・・・




10.おわりに

今年は金曜日のみの観戦&撮影になりましたから、荷物周りや体力面、チケット代や宿代などを考えれば非常にコストパフォーマンスが良かったんですが、イザ帰ってみるとちょっと物足りない観戦になってしまったのは事実。
来年はカメラの望遠レンズ制限やカメラマンエリアあたりがどうなるか分かりませんが、その辺に合わせて柔軟に観戦したいですね。

PS.
このネタ(テキスト)を書いている時点では鈴鹿で自身初のポディウムをGETした小林可夢偉がシートを失ってしまっているので、2013年は鈴鹿の盛り上がりも心配になりますけどね・・・
     (2013.02.03.記載)