×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

【2013鈴鹿 F1 日本GP観戦記 その1

1.木曜日に前泊

今年も望遠レンズの制約が気になり、金曜日の自由席エリアでのみ観戦することにした鈴鹿サーキットでのF1日本GP。今年は仕事の調整がついたため、木曜日の朝のうちに名古屋入りし、ちょっと足を伸ばして観光(ブログで別途紹介しますが以前から見てみたかった犬山城と津城址へ行っています)した後、木曜日の夕方に津へ入りました。金曜日の朝‘み’の生息域から鈴鹿へ向かうとFP1ギリギリになってしまうこともあるので、思い切って前泊しようという作戦なんですけどね。あ、カメラ周りのデバイスは相変わらずCanon EOS 40Dに望遠系が「EF 300mm F4L IS USM+EXTENDER EF1.4×II」、標準ズームが「SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM」でここ数年変わっていません。

津の宿は「ホテル ザ・グランコート津西」。結構直前まで金曜日日帰りの予定だったのでなんとか確保したというのが実情なんですが、F1期間ということもあり8,000円とそこそこのお値段でした・・・



大きな地図で見る
津駅からは5分ほどで結構好立地ですが、入り口が駅の

反対側で奥まったところにあるので結構分かり難いかも。
外観はこんな感じ。

ツートンカラーなのでビジネスホテルっぽくはないですけどね。

余り選択肢の無い中からどちらかと言えば立地で選んだ宿だったんですが、F1を応援するとのスタンスらしく、ロビーなどを中心にF1グッズが満載。これは嬉しい誤算でした。

お部屋はこんな感じ。まあ可もなく不可もなくでしょうかね。

F1臭?もありませんでした。

ちなみに朝食はバイキング形式のものを500円で用意できるとのことなので、チェックインの際に申し込んでおきました。
6:30から食べられると言うことで、鈴鹿行きの電車の時間にも引っ掛からなかったのが大きかったですけどね。

ちなみにこれが朝食時の様子。

やはり明らかに鈴鹿に向かう人もいましたね。

サーキット内では余り食べ物を求めてうろうろしない‘み’なので、ここで朝ごはんをしっかり頂いた後の鈴鹿入りです。


 (2013.11.10記載)


その2につづく