×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

【2015鈴鹿 F1 日本GP観戦記 その5


7.FP1観戦


何となく毎年恒例になってきましたが、FP1はQスタンド辺りで観戦することが多い‘み’。今年も同じ様にQスタンドへ向かいました。

Qスタンドへの道すがら。
天候もすぐれないのでこの手のテントは効果大ですね。
Qスタンドが見えてきました。

Qスタンドは有名なシケインを見られるので全席自由席の金曜日とはいえ上段はそこそこ混雑しますが、この日もスタンドに9:20過ぎ頃に到着したのでやや最終コーナーよりの最上段を確保出来ました。

スタンドからの眺めはこんな感じ。

まずは130R側。
正面のシケインとダンロップ辺り。
最終コーナー〜メインストレート。

この辺りはコースの半分程度(東コースの大半)が見渡せるのもポイントですよね。ちょうど近くに座っていた人が鈴鹿に初めて来たっぽい人にこんなことを色々説明していましたし。ちなみにこの初めての人、どうもお住まいは割と近く「一度F1を見てみたかった」という感じだったようです。3日券を持っていたかまでは分りませんが、混雑を考えると金曜日のFP1は良い選択肢かなという気がします。
逆に説明していた方の人は毎年来ていてQスタンドが気に入っているそうでしたけどね。

さて・・・ 天気は相変わらずの雨。この時点ではまだお昼には上がる的な予報が変わっていなかったので、たまに小降りになった時を狙ってレンズをサンヨン+x1.4テレコンに交換。この組み合わせはカメラ本体とテレコンまでは防塵防滴になるのでなので小雨程度ならレンズをケアすればOKのはずなんですが・・・ さすがに怖いのでこの時もSUPER AGURIタオルで軽くガードして撮影に臨みました。

コントロールカーや・・・
セーフティカーで撮影練習。

7DMarkIIでレースを撮影するのは初めてなので、設定などちょっと探ったりしていたんですが・・・ 基本的にAIservoをCase2で望みました。マシンの前に障害物が急に入ってくることも考えにくいですし、速度変化も予想が付く範囲なので、一度捉えたマシンをしっかり追いかけて欲しいなと粘りを強くするという意図ですね。
更に、シケインは車速が遅く画角内に収めること自体はそれほど難しくないので、シャッタースピード優先のTvモードメイン。1/200秒程度の設定で軽く流してみることにしました。

と・・・

AFの食いつきが40D時代とは全く違う!!

正直ここまで違うとは思いませんでした。40D時代はしっかりマシンをファインダー内に収めて流すタイミングがばっちりでもフォーカスが外れてしまって悔しい思いをすることが多々あったんですが、7DMarkIIだとこういうことがほぼ皆無。手で流しているのでAFも手振れも含めて完全ではありませんが、それでも歩留りが大幅に向上しましたね。そもそもサンヨン自体が随分古いレンズになっているのでAF速度自体は決して速い方ではないのは分かっているつもりですが、ここまで違うとは。

逆にちょっと難儀したのがAE。基本的に‘み’は野球やF1の撮影時は中央部充填測光から変更せず、必要ならAEロックとか露出補正とかで対応することが多いんですが・・・
特に近年のF1マシンはAE泣かせで、通常なら露出補正したいようなカラーリングのマシンが多数。しかも40DではややアンダーにAEされることが多かったように感じていた(白いものはプラス補正しないとかなりの確率でアンダーになっていた)んですが、7DMarkIIは40DよりもややオーバーにAEされるので、黒いものを意識してマイナス補正しないとオーバーになってしまう・・・という感じなんですよね。
で、ロータス、マクラーレン、辺りは黒いのでマイナス補正必須ですが、トロロッソやフォースインディア辺りも結構濃いめなので微妙。ウィリアムスは白いので流石にマイナス補正のまま撮りたくないし、メルセデスに至っては発光体と認識されることがあるようで超ドオーバーになることもある・・・

といった具合。

当初は上記の通りシャッタースピードを遅めに固定して撮っていたんですが、小雨模様で大きくは明るさも変わらなかったのをいいことに、1/160あたりでほぼ固定してマニュアル露出で撮影することにしました。まあ、FP1の中でも多少は弄ってますけどね。

ということで撮影したFP1の各マシンを。折角なのでちょっと大き目の画像にします。土・日も晴れの予報だったのでウェットのFP1なんて誰も走ってくれないんじゃないかとちょっと不安だったんですが、急な雨を見越してかちゃんと各チーム走行してくれました。

我らがマクラーレン・ホンダは写真を追加。

ちなみにFP1のトップタイムはカルロス・サインツ Jr.の1'49.434。序盤はフルウェットというコンディションでしたからね。

しかし・・・ これだけAFが違うならもっと早く乗り換えれば良かったですね・・・ 40Dは良いカメラだと思いますし、7DMarkII購入後もサブ機的に保管してありますが、流石に日進月歩のデジタルデバイスで7年も8年も経つと随分違ってしまうんでしょうね・・・


 (2015.12.06 記載)


その6につづく