×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

【2015鈴鹿モータースポーツファン感謝デー その9




9.F1ジャパンパワー


午後は「F1ジャパンパワー」と題して、マクラーレン・ホンダのライバル・・・とまでは言わないものの同時期にF1で走っていたマシンのデモラン。

例によってゲストの姿は全く見えず、声だけを聞かせてもらいましたが(^_^;)

今回は元F1ドライバー3人が登場しての走行だったんですが、この頃から天気がいよいよ悪くなり、雨が近づいていたこともあって、この後のマクラーレンのデモランが繰り上げられ、中嶋悟vs星野和義の対決を入れ替えて行われることがアナウンスされました。このジャパンパワーのデモランもトークを短くして先に走行、その後またトークという感じの構成にしていましたし、グリーンシグナルで3台がスタートする趣向だったものもキャンセルしていましたからね。
どの程度の雨でNGなのかは分りませんが、この辺のマシンは悪天候の場合走行をキャンセルすることもあるという状況だったそうです。

話を戻すと・・・中嶋悟がティレル019を、鈴木亜久里がラルースLC90を、中野信治がミナルディM189を駆って鈴鹿の東コースを走行。

天気が天気なので色味はイマイチですし、ちょっと7DMarkIIを過信してしまってアングルが微妙なショットが多くなってしまいましたが・・・ 正確に言うと特にティレル019に意識が行ってしまって特にM189がおざなりになってしまったんですけどね(^_^;) いずれにしてもこの時代のマシンが当時のドライバーのドライビングで目の前を走るところを見られるのはちょっと感動的でした。中野信治のミナルディはチーム以外には余り関係が無いような気もしますけどね(^_^;)
あ、その中野信治曰くミナルディは結構調子が悪かったようですが、逆にティレルは中嶋悟曰くほぼ完璧な状態だったそうです。‘み’にとってはそんなに昔とは思えないんですが、1990年としてももう25年前のマシンですからねぇ



10.帰路


この後、2度目のマクラーレンのデモランなどが企画されていたんですが・・・ 天気が悪くなると走らない可能性がある点と、その後寄り道しようとしていた場所があったため、この時点でサーキットを発つことにしました。

帰りのルートは決めておらず(正確に言うと混み具合を見てから考えようと思っていた)、有力候補として「路線バスで白子へ出る」かなと思っていたんですが、時間的にギリギリ鈴鹿サーキット稲生からの四日市方面の電車に間に合いそうだったので、かなり急ぎ足で13:53の四日市行き各駅を捕まえ、鈴鹿駅で快速みえに乗り換えて15:10頃には名古屋駅に到着できちゃいました。

鈴鹿駅で各駅停車を降りたときの1枚。LGL21でのものですが。

パラパラ雨が降り出していたのでタイミング的には悪くなかったかなと。

時間的にかなり早かったこともあり、F1期間のような混雑もなかったのでちょっと拍子抜けでしたが、サーキットからの帰路がスムーズなのは有り難い限りですね。

今年はマクラーレン・ホンダ復活ということでかなり大々的に企画されたイベントだったんだと思いますが、初めて見るマシンに出会えたり懐かしいマシンのデモ走行を見られたり・・・ 楽しいイベントでした。
これを実質無料で企画してくれるとは、まさにファン感謝デーなんですね。

‘み’的には鈴鹿まで遠いのだけが難点かなぁ



 (2015.07.12記載)