×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

【2016鈴鹿 F1 日本GP観戦記 その3


6.HONDAブース



フェラーリと合せて展示の目玉がこのHONDAブースかと思いますが・・・

流石に既に多少の人だかりが出来ていましたが・・・
中はシンプルというか使い回しというか・・・

まずマクラーレンMP4/5。鈴鹿では子供をコックピットに座らせたりとよく見かける個体なのでそれかなと。

そしてHONDA RA106。2006年の雨のハンガロリンクでバトンが君が代を演奏させたマシンですが、何度か見ているんですよね・・・

更にHONDAの初勝利マシン、葉巻型のRA272。これも結構見かけますね。

歴代のエンジンも展示されていましたが、これも去年展示されていたからなぁ・・・

唯一目を引いたのは今季のパワーユニット「RA616H」。

どこまでマシンに乗っているものと同一なのか分りませんが、ホモロゲーションで極端な変更も利かない筈なので全く見当違いということもないのかなと。 ケース越し&混雑でまともに写せませんでしたが(^_^;)



7. 1/5807サポーター


引き続いてGPスクウェアで忘れてはならないのがた5807分の1のサポーター企画。例年の場所に横断幕とブースが無くなっていたのでちょっと探してしまいましたが、ブースはやや観覧車よりの位置、横断幕はコースを向いた形でそのブースの脇に移動していました。

引換ブースの様子。
こんな感じで事前購入者は名前をチェックし、

ピンバッチ引き取りのサインをしますが、この方式は変わっていませんね。
帰宅後のショットですが今季のピンはこんな感じ。
横断幕全景。

これ以上後方に下がれないのでAPS-Cの17mmでは全体像は完全には収まりませんね。
ちょっとアップにしてみました。

‘み’の名前もこの辺に。

あ、毎年自分の名前を探すのに苦労するので、今年はちょっと工夫して名前に記号とかを織り交ぜてみたので割と直ぐ発見できました。ピンバッチ1つと横断幕とプログラムへの名前の表示で2,100円というのはちょっと高すぎる感はありますが、サポーターの名の通り少しでもF1開催のサポートになれば、というものですからね。

あ、「毎年申込み忘れちゃうんだよね〜」といって現地申込みしている人もいましたが(^_^;)



 (2016.11.26 記載)


その4につづく