×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

【メモリ再増設 増設編】

 

では、実際にメモリを64MBから128MBに換装してみましょう。

一度64MBを増設しているので、作業は基本的に
その時と同じです。
C1を裏返してこのネジを外します。
するとメモリスロットが現れます。写真は既に64MB
メモリを外した状態です。結構しっかり挿さっているので、
ゆっくりしっかり外してください。メモリ上部の白い帯状の
シール部分が基盤に接続されている所なので、ここを
中心に少しずつ、左右均等に持ち上げるようにします。
外した64MBメモリの裏側です。
まあ、参考まで(^^;)

閑話休題・・・外した64MBメモリはヤフオクで売却ですね(^^;) 02年10月の時点で3,300円で買われていきました。 「SNC1-128MX」の方の購入価格が実質4,000円強(確かヨドバシ・ドット・コムで、18%ポイント還元付き4,700円だったと・・・ 勿論送料無料期間です)ので、1,000円かからずに64MBのメモリ増量を達成したことになりますねぇ(^_-)
では、本題に戻りましょう。

装着する128MBメモリを同じように
並べてみました。表側にも4つの
チップが並んでいるのが分かります。
単純にチップが倍になっているんですね。
128MBを装着したところ。
一見、あまり出っ張らないように見えますが・・・
純正のフタを被せてみると明らかに上部(ネジのある部分)が
膨らんでしまっています。このままネジ止めしたらメモリのチップを
破損させてしまいそうです(^^;)
で、「SNC1-128MX」に付属のフタを
はめてみると、こんな感じです。

確かにフタとメモリモジュールのクリアランスがしっかりと確保されているようで、フタ全体が(1mm程度ですけどね)C1の底面から「でっぱり」ます。塗装した色がいまいちなので余計にでっぱりが目立ってしまっているような気もしますけどねぇ(^^;)

このままではフタがでっぱってC1を設置
出来ないので、付属のゴム足をこのように
4隅に貼り付けます。
で、実際にC1を置いてみるとこんな感じになります。特にがたつき
などもなく、違和感なく使用出来ています。
バッテリーに付いているゴム足は設置しなくなっています(手前:
写真では右手の足が若干浮いているのが分かるかと思います)
けどね(^^;)

64MB状態でのベンチを取り忘れたのでここには載せられませんが、メモリが128+64=192MBになったおかげで、XPの重さがやや緩和されたような気がします。まあ、1,000円弱でのパワーアップですから、十分過ぎる効果と言えなくもないですけどね(^^;)   (2002.11.15記載)