×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

【新コンパクトデジカメ Canon Power Shot S60】

 

1.チョイス (2005.03.27)

思わずGETしてしまいまいました、CanonPower Shot S60」。本当はもう少し型落ちのS50とかを狙っていたんですが、中々良い出モノがなく、状態の良さそうな後継機に手を出してしまったと・・・ しかもオークションで競ってしまったので・・・ 値段は聞かないで下さい(^^;)
で、何故急にコンパクトデジをGETかというと、これまでの‘み’のデジ体制は・・・

Canon EOS KISS Digital メイン機 一眼なのでちょっと重いし取りまわしが・・・
しかも後継機KISS Digital Nの発売で値崩れ・・・(T_T)
SONY Cybershot DSC-P5 キスデジ
購入前のメイン機
キスデジがでかいので、コンパクト機としては
メイン使用。ただ、今となってはバッテリーも
ヘタっており、ちょっと常用にはつらい。
SONY Cybershot DSC-U10 もとよりサブ使用機 正確には自分の物ではないんですが、
ヤフオク出品時やこのHP向けの簡易撮影用で現役。
CASIO A5407CA カメラ付き携帯 210万画素のカメラ付。一応メモ程度にはなります。

ってことで、S60に手を出す時点で、キスデジなしでコンパクト機をメイン使用する場所へお出かけする予定があったんですね。以前、ヤンキースタジアムでA5407CAのカメラを使おうとして悔やんだことがありましたが、今回はこの手の話ではなく、キスデジは望遠系レンズを装着し、これを交換したくない状況に置かれるってことなんです。まあ、某イベントであることに変わりは無いんですが・・・よもやま日記を読んでくださっている方はもうお分かりかもしれませんね(^^;) まあ、追って紹介できるかと思いますが・・・

で、こんな状況なので、コンパクト機のリプレースを考えました。期限は3月上旬。P5は売却するとして、当初はやはりCybershotを考えていました。ちょっと高いですがP150とか、手頃なところでP100とか。或いは趣向を変えてT33とか・・・ が、ふと気になったことが・・・ そう、記録メディアです。どうにもメモリースティックは割高ですし、容量面でも実質512MBで頭打ち(2GB版もなくはないんですが・・・)になっていたり・・・ProとかMGとかDuoとか規格が乱立していてよく分からないし・・・ ってことで、どうにも買い足すのに二の足を踏んでしまいます。まあPSPでも持っていればばサクっとDuoを買ってしまうんですが、今のところ一度しか本体見たこと無いし(^^;)

という訳で、現行メイン機であるキスデジで使用しているメディアを有効活用する方向へ転換。キスデジのメディアはご存知のとおりCF(TypeII)ですから、これを基準に機種選定をしました。余り最近のコンパクトデジカメを見ていなかったので、カタログ集めとかもしてみたんですが・・・ どうもコンパクト機ではSDカードor xDPictureカードが主流で、CFを使用するのはそれなりのサイズ&機能の機種からなんですねぇ・・・ 全然知りませんでした(^^;) 今更SDカードを買い揃えるのもイヤなので、ここはやはり予定通りCF機を狙います。で、ここで気になったのが操作系。キスデジユーザーとしては同一メーカー品の方が直感的に操作できるので、敢えて他メーカー品を選ぶ理由もないんですよね。更に、どちらかと言うとビビッド(表現違うかも・・・個人的な印象としてはSONYよりもハッキリした色が出るような・・・)な、ちょっと作っているような発色は嫌いではないですからね。
ということでCanonのCF機に決定。最近流行りの手振れ補正機能=IS付「Power Shot S1 IS」も気になったんですが、画素数が小さいこととサイズが大きいことで断念し、Sシリーズに照準を合わせます。流石にS70は価格的に却下。後は型落ちのS50以前にするか、現行機種のS60にするか・・・ で、時間が無かったこともあり、結果的にヤフオクでご縁の合ったS60を、2月中旬にGETしたわけですね〜

これがGETしたS60。
あれ?ストラップが・・・??

ストラップについては後ほど(^_^;)




2.P5との比較と第一印象 (2005.04.01)

上記のように今回はP5からのリプレースを意図していますので全般的にP5との比較をしてみたいと思います。まずサイズや重量ですが、S60は直感としてややデカイ&かなり重い印象でした。実際に比べてみると・・・

高さ 奥行き 本体重量 撮影時重量
S60 114.0mm 56.5mm 38.8mm 230g 約280g
P5 112.5mm 53.8mm 36.2mm 185g 約215g

サイズはこんな感じで、スペック上はそんなに違いがないんですが・・・明らかに持ったときの印象が違います。P5がスティックタイプでしかも角が丸く落ちていますから、非常にスリムな印象を受ける一方、S60は完全にBOXタイプっぽい形状なので、数値以上にS60が大きく感じられます。さらに、重量はS60のバッテリー「NB-2LH」が40gあることもあり、重量は結構大きな差になっていますから、この重さが余計に大きく感じさせるようです。

P5とS60のツーショット3連発。意外とサイズは違わないんですよね〜
見た感じは一回りS60が大きいだけなんですが・・・ やはり重量が・・・
 

あと気になった点としては、起動時間と起動操作。P5が電源ボタンの長押し〜レンズ繰り出しでやっと撮影可能になる(スペック上4.1秒、実測もそんな感じ)のに対し、S60はスライドカバーをずらすとあっという間にレンズが繰り出されます。大体1〜2秒で撮影可能になっています。ここははっきり言って非常に大きいです。正直、コンパクト機に余り大きな期待はしていなかったんですが、まさかこれ程とは・・・ まあ3年の差があるデジカメを同じ土俵で比べること自体がナンセンスかもしれませんけどね。
画質に関しては、予定通りのCanonカラーで個人的には気に入っています。主観も入るところですし、WEBスペースの容量もあるので、ここではサンプル掲示などは割愛します(WEB上にサンプル結構ころがってますからね)が、キスデジより更に過激な色使いになっているような気がしないでも無いですが・・・(^^;)
あ、そうそうS60とは関係ないんですが、このページの写真はEOS KISS DigitalEF50mm F1.8 IIを装着して撮影しています。もちろん簡単なレタッチやリサイズは行っていますが、これで絞りを開放すると室内で十分ノーフラッシュ撮影が出来るので結構便利なんですよね。まあ、その分被写界深度が浅くなりますから、比較なんかには向かなかったりもしますが・・・(^_^;)


3.ケース&ストラップ (2005.04.03)

本体が意外と大きくで重いので、持ち運びにはそれなりに気を使います。純正ケースをわざわざ買い足すのもナンなので、ここでも紹介しているP5用に使用していた無印良品のケースを流用。

P5の時よりピッタリサイズなのはご愛嬌(^^;)

更に、P5には純正の紐ストラップを使っていたんですが、そのまま流用したりするとちぎれそうだった為、別途購入してみました。それが上の本体写真に写っているストラップなんです。AmazonでGETした「STP-NC」という金属製のヤツで、色はS60に合わせたシルバー。しかもCyberShotのロゴ入り(^_^;) デジカメ本体に傷がついたりしないようにビニールチューブでカバーされています。約1,700円と決してお安くは無いですが、使ってみた感じとしては結構しっかりしていて悪くないですね。
という訳で、上で書いたイベントにはキスデジ+望遠系レンズ(別途購入はなさそうなので、多分TAMRONAF28-300mm Ultra Zoom XR F/3.5-6.3 LD Aspherical [IF]MACRO(Model A06))とS60+SONYストラップで望もうと思います。



4.P5の行方 (2005.04.08)

本体が意外とさて、売却する予定だったP5のお話。通常ならヤフオク送りと相成るのですが、2月中旬の落札相場は9,000円強程度。ここで、SonyStyleの下取サービスに目を向けると、P5の買取最高額は11,000円(このネタを書いている時点でも変わっていません)。これにキャンペーンで2,000円が上乗せになり、更に引き取り送料無料という条件が付いていました。ってことで、今までやったことが無いんですが、このサービスを試してみることにしました。

本体のアップ。
S60でのショットなのでかなりメリハリがありますね。

本体は勿論、付属品なども全て揃っており(バッテリーは予備もあわせて2本引き取ってもらいます。どっちもヘタってますが・・・)、上の写真でどこまで分かるかは微妙ですが、本体そのものも目立った傷や汚れなどがない極めて良好な状態といえそうなので、多少減額されてもヤフオクより高値になるのは必至。しかもヘタったバッテリー絡みでトラブルになることも無いですしね〜
実際、‘み’の申し込みは2/20(日)、引き取り依頼と実際の引き取りは2/26(土)で、見積もり結果は3/3(木)にメールで連絡があり、13,500円でした! 内訳は、P5本体が上限額MAXの11,000円、これにキャンペーン2,000円が上乗せされ、さらに予備バッテリー500円(これも下取りサイト内で「付属品の買取参考価格」として記載されていた額です)ってところです。まあヤフオク相場と比べても十分な金額なので、3/3中には買い取りOKを出し、3/7(月)には指定銀行に入金されました。 非常にスムーズにやり取りが出来た印象です。ヤフオクだと色々とトラブることもありますから、この買取サービス、条件によっては使えるかもしれません。

というわけで、手持ちのコンパクトデジカメが無事にS60にリプレースされました。しばらくかわいがってあげようかと思います(^_^♪
ん、そういえば買い取られたP5は一体どこへ・・・??