×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

【ワイヤレスチルトホイールマウス】

 

ここでも紹介しているトラックボールがやや不調のため、RX62に乗り換えた頃からMicrosoft製「IntelliMouse Optical」を主に使用していたんですが、どうも机の上の作業スペースが狭いこともあってコードが結構邪魔になっていました。トラックボールを買い換えようかとも思っていたんですが、ここへ来てマニアックなワイヤレスマウスがリリースされたので飛びついてみました。やはりMicrosoftの「Wireless IntelliMouse Explorer」です。
このマウス、ホイールを傾けることで横スクロールも可能な「チルトホイール」が結構話題になりましたから、ご存知の方も多いと思いますが、その中でも更にマニアックなレザーブラックをGETしました。通常塗装バージョンとの価格差は600円程度でしたので、迷うことなくレザーブラックをチョイスしてしまいました(^^;)

有楽町ビックカメラで購入。
12/中旬で店頭在庫は2個のみでしたが・・・
マウス本体のショット。
「レザー」の質感がわかりますかね?

で、まずはチルトホイールの感触から。横スクロールなんですが、個人的にはそれほど使う機会はありませんから、余り恩恵にはあずかれないんですが・・・ IEのウィンドウを小さくして横スクロールしてみましたが、どうにも速度が出ないような・・・
プロパティから横方向のスクロール速度を最大にしても、なんだかぎこちないような感じです。ホイールが横方向にチルトする角度もそれほど大きくなく、大きなトラックポイントで無理矢理横にスクロールさせているような感覚です。う〜ん、もうちょっとスムーズに動くといいんですけどね。ホイールの動作範囲を拡大するか、スクロール速度をもっと速く出来るように(これはドライバレベルで出来そうですね)してもらえないと、ちょっとストレスが溜まりそうです。もともと人間の目は横に並んでついているので、横方向の視野が縦より広いですし、横の動きにも対応しやすいはず(確かこんな赤い彗星ネタがあったような・・・)なので、もっと軽快に動いてもいいと思うんですけどね〜 まあ、横スクロールをさせる場面を考えると、スクロールバーをいちいちドラッグしたりするよりは間違いなく使いやすいとは思いますけどね。
で、実はこのチルトホイール、横スクロールだけでなく縦のスクロールにも大きな変更があります。これまでのマウスホイールって回転させると「引っかかり」があって、この1ノッチ?に対して1行or3行の縦スクロールというのが一般的だと思うんですが、チルトホイールにはこの「引っかかり」がありません。ホイールを縦に回すとスルスルと回転してしまうんです。もちろん、これにあわせてウィンドウも縦にスルスルスクロールします。最初は結構びっくりしますよ〜(^^;) 頭では分かっていても目がついてこないんですね。まだ慣れたといえるほど使い込んでいませんが、WEBサイトなどをはじめとして画面に表示するコンテンツって横よりも縦長のものの方が多いような気がしますから、これはこれで正解なのかもしれません。いずれにしてもこれまでとは随分使用感の違うマウスですので、一度試されると面白いですよ〜(^^)

次にサイズとか、重さとか・・・その辺のお話を。 一言で言ってしまうと標準よりやや大きめ、結構重めって感じですね。

IntelliMouse Opticalと比較するとこんな感じです。
白い方が色的に大きく見えるので余り変わらない
ようにも見えますが・・・

縦横の差はそれほどありませんが、チルトマウスの方が高さがあるためしっかりと握る方には使いやすいかもしれません。逆に‘み’のように親指と小指で挟むようにマウスを持つ人の場合、この大きさと重さがちょっと気になります。重さの方はこんな感じです。

Optical Explorer
約130g
(ケーブル込み)
約150g
(電池込み)

意外と変わらないように感じるかもしれませんが・・・実はOpticalの方のケーブルが曲者なんです。ケーブルは(普通には)外せないのでアバウトですが、ケーブルのみの重量が約50g程度あるようで、実際には本体の重さは約80gということになります。というわけで実質倍近い重量差があることに(なるんです。チルトマウスの方はワイヤレスの為、単3電池2本(付属しています)が入るのでどうしても重くなってしまいますからね。他のワイヤレスマウスってちゃんと使ったことが無いので何ともいえませんが(^^;)
ちなみにワイヤレスの受信部はこんな感じです。

なんかこれだけでもマウスとして
通用しそうな感じが・・・(^_^;)
RXの上で記念撮影!? 右にあるのはロジクールの
ワイヤレスキーボード用の受信部です。
ロジの受信部ってみんなこの形なんですかね?

受信部としては大きい方でしょうか。その分かどうかはわかりませんが、受信部には結構しっかりしたゴム足が付いていまして、結構安定します。ロジの方は何かと動いてしまうんですけどね。普段からRX筐体の上に置いているので、気が付くと転がってたりするんですよね(^_^;)
最後に「レザー」です。クルマの内装などにも使われるような素材だそうで、期待大だったんですが・・・ ちょっと期待はずれでした・・・ レザーそのものに対する不満ではなく、上で書いたように‘み’はマウスを親指と小指で挟み込むので、肝心のレザー部分にほとんど掌が触れないんですよ(^^;) レザーはボディ本体の中央部分にしか貼られていませんから、残念ながらほとんど意味がありません。う〜ん、ちょっとショックですねぇ・・・ 確かに改めて触ってみると、プラにはない質感がありますし、600円の価格差なら惜しくは無いんですが・・・ 今度はフルレザーにして欲しいものですねぇ 特にボタン部分は100%のユーザーが触れるでしょうしね。ん、自分で貼ればいいのかな・・・??  
(2004.01.23)