×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

【999円 MP3プレーヤー DN-2000】

 

1.購入&第一印象
楽天の期間限定ポイント消費を兼ねて、前々から気になっていた上海問屋で売られている999円のシリコンオーディオプレーヤー、「DN-2000」をGETしてみました。安かろう悪かろうかなぁとは思いながらも、まあこのお値段なら笑ってごまかせる範囲かと思いますしね。ついでに、最近特にお安くなっているSDカードも合わせてGET。浮世絵シリーズの1GB版「NF-SD1000A2」が相性保証付で3,150円也。

到着したDN-2000
色は当たり障りのないブラック。
電池蓋&端子部分。
安っぽいのは止むを得ないですが、ちょっと弱々しいのは気になります。
SDカードとツーショット。本体の大きさのイメージか付くかと。
ちなみにDN-2000が対応するSDカードは1GBまで。

意外な程、箱や取扱説明書(ちゃんと日本語)などがしっかりしていて、単四電池(流石にこれは海外モノ)やネックストラップを兼ねたイヤホン、USBケーブルも付属していて、コストパフォーマンス的には十分な印象でした。何故か箱がマグネットで開閉できるタイプ(^_^;)
で、本体の方ですが、第一印象としては「意外と大きくて重い」という感じ。最近はやたらと小さいシリコンオーディオプレーヤーが多いですから、SDカード+アルファ(ひとまわり〜ふたまわり大きい)程度の大きさだと勝手に思い込んでいたんですが、3枚面の写真で分かるように結構でかかったんですよね。サイズは58x60x13mmですから、確かにそこそこぼったりとした印象があります。重量もスペック上は30gですが、単四電池&SDカードをセットした状態で実測すると43g程度で、これまた店頭で他社のプレーヤーなんかを触った感じに比べるとかなりズッシリ来ますね。
あ、後ひとつ意外だったのは、本体のボタン部分がラバーだったこと。マウスのボタンのような樹脂製でクリック感のあるものを想像していたんですが、ラバーで覆われているだけなので、ちょっと耐久性は弱いかもしれません。操作も決してしやすいわけではないですしね。まあ、この辺はコストダウンに寄与しているということで。  (2006.07.25)



2.PCと接続&感想
シンプルなプレーヤーなので、単純にUSB接続すると単純にリムーバブルドライブとして認識されます。MP3ファイルをそのままポコポココピーするだけで準備完了。特に変わったとソフトや再エンコードなんかが不要な点はメリットですね。一応この組み合わせ(M/B:865GM2-ILS→USB2.0ハブ:LOASUH-214MBL→付属USBケーブル→DN-2000本体→SDカードNF-SD1000A2)でのベンチを取っておきます。

USB1.1仕様なんで、速度的にはこんなものなんしょうねぇ(^_^;)
まあ、もともとiPodとかのように何千曲も何万曲も保存するようなことはないでしょうから、転送速度は問題にならないでしょうけどね。あ、複数曲を保存して曲順を制御するような場合、ファイル名を連番にしておく(ファイル名の頭に連番をつける)ことで対応するそうなので、再生順は単純にファイル名称(文字コード?)順ってことになるようです。日本語(2バイト文字)のファイル名自体は問題無いようです。なお、対応するMP3はCBR/VBRともにOKなんですが、ビットレートが64Kbps〜256Kbps、サンプリングレートが44.1KHzに制限されていますのでちょっと注意が必要ですね。

そんな訳で早速手持ちのMP3を放り込んで聴いてみたんですが、音質なんかは決して悪くはないと思います。一応イヤフォンはここでも紹介しているオーディオテクニカATH-CK5」を使用しているので、付属品のヘッドフォンがどうかは分かりませんけど。この辺は主観によりますし、音源やビットレートにもよるのでコメントし難いんですが、電車の中なんかでちょっと使う分にはまあ十分でしょうね。

ご質問を頂いたこともあり、静かな室内で改めてじっくり聴いてみたところ、かすかに「しゃ〜〜〜」というホワイトノイズが聞こえるようです。‘み’が聴くのは大半がJ-POPなんですが、曲の無音部分なんかで意識していると分かるレベルですが、クラッシックなどを聴かれるような方にはちょっと都合が悪いかもしれません。屋外&電車内なら全く気がつかないレベルですけどね(^_^;) (2006.08.15追記)

これだけをわざわざ買うのは(キャンペーンでもやっていないと送料が735円掛かっちゃいますから)ちょっと勿体無い気がしますが、購入金額(送料)の調整や、‘み’のようなポイント使用、話のネタ・・・なんかには十分な買い物かと思いますよ〜  
(2006.08.05)